建設業退職金共済制度について

建設業退職金共済制度への加入

1、建設業で働く現場従業員・一人親方ならだれでも加入できます。

2、国の補助がある制度ですから安心です。

3、掛け金

・一人親方…1ヶ月/1人/6,700円
・事務所加入(20日)…1日320円×20日=6,400円
・事務所加入(21日)…1日320円×21日=6,720円

4.退職金をもらうのはこんなとき。

(1)職人(労働者)から、独立して事業主になったとき。
(2)建設業以外に転職したとき。
(3)けがや病気で、建設業で働けなくなったとき。
(4)55歳以上になったとき。
(5)死亡したとき。
ただし、手帳に証紙を12ヶ月分以上貼ってあることが必要です。証書枚数は252枚を一年(12ヶ月)と計算します。
請求する場合には請求書(組合にあります)・振込先銀行の銀行印・マイナンバー付き住民票が必要になります

5.新規の加入者には50日分の助成金がつきます。

建設業退職金共済早見表(一人親方の場合)

・納付年数1年(12ヶ月)→証紙枚数252枚→掛金80,400円→退職金額0千円 ・納付年数2年(24ヶ月)→証紙枚数504枚→掛金160,800円→退職金額156千円 ・納付年数5年(60ヶ月)→証紙枚数1,260枚→掛金402,000円→退職金額410千円 ・納付年数10年(120ヶ月)→証紙枚数2,520枚→掛金504,000円→退職金額945千円 ・納付年数15年(180ヶ月)→証紙枚数3,780枚→掛け金1,206,000円→退職金額1,572千円 ・納付年数20年(240ヶ月)→証紙枚数5,040枚→掛金1,608,000円→退職金額2,256千円 ・納付年数25年(300ヶ月)→証紙枚数6,300枚→掛金2,010,000円→退職金額3,029千円 ・納付年数30年(360ヶ月)→証紙枚数7,560枚→掛金2,412,000円→退職金額3,902千円 ・納付年数35年(420ヶ月)→証紙枚数8,820枚→掛金2,814,000円→退職金額4,898千円 ・納付年数40年(480ヶ月)→証紙枚数10,080枚→掛金3,216,000円→退職金額6,036千円

※ 一人親方(証紙日額×21日で月6,700円)で始めた場合の早見表です。(310円×21日+190円=6,700円)
※ 加入時に50日分の助成金が支給されています。
※ 予定利率(3.0%)は変更される場合があります。

建設業退職金共済事業本部ホームページは